かくばるP制作記

某所に投下中の架空戦記シリーズ制作日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第十四話を投稿しました

そして、こちらでは十三話の投稿を全く報告していなかったことに今気づきました。酷い。
下半期20選の話もしていない……。半年以上ぶりの更新です。
今回はかなり力を入れた回ですので、ちょっと自分用の備忘録ついでにちょっと意識した点を記してみようかと思います。
当然ネタバレ前提ですので格納。



・冒頭での涼との模擬戦
 ひところ流行ったようなノベマス講座の類では、
 「動画の最初のうちに視聴者を引き込むポイントを用意しろ」
 なんて言われたものでした。

 とはいえ、最大の盛り上がりどころであるジムリーダー戦が
 後半になってしまうのは避けられない。
 というわけで、架空戦記としてのアイデンティティでもあるバトルシーンを、
 訓練という形で頭に配置したのでした。
 ついでに後半でのバトル展開に対する伏線を一応張っておく。
 個人的には伏線の類は一話越しくらいに解決するほうが好みなのですが、
 一本の動画内で解決するのもすっきりしていていいですね。

・休憩所での伊織との会話
 当初のプロットでは水瀬家の屋敷に呼び出され今回のような話をし、
 ついでに庭園で木の実についてのネタを振っておくつもりでした。
 が、そうすると屋敷の広さに驚いたりなんだりとベタなシーンが避けられず、
 尺を多く取られそうだと判断して今の形に。

・全盛期の舞さん伝説
 この世界における舞さんのポジションを初めて確認できたくだり。
 なんとなく、舞さんの凄さはバトルの強さではない、という気がしています。
 そこら辺の描写がひょっとしたら今後本編でもあるかもしれません。
 ともかく舞さんは各地で伝説のポケモンに認められ、交流をしています。
 ただ舞さんは彼らを捕獲することはせず、
 あくまで観察データを持ち帰ったのみにとどまっています。
 度を越した強力なポケモンたちを従えたわけではない、ということ。

 アニポケでもいまいち定義がはっきりしていない「ポケモンマスター」という語を、
 ここで明確に「かつて存在した伝説のトレーナーの通称」と位置づけられたのも
 個人的にはポイントかと思っています。

・対伊織戦
 どういう構成のバトルにするかはとても悩みました。
 バトルを考える際はいつも「勝ち目が無さそうな相手」を重視しています。
 と、同時に相手の強さが分かりやすいことも大事。
 ちょすいヌオーに水も電気も通じない、炎も効きにくい、ではちょっと地味かと。

 相手の切り札候補として想定されていたのはギャラドス以外には
 スターミー、キングドラ、ドククラゲ、ラプラス、ミロカロス、と言った辺り。
 ただ、ゲーム使われた切り札ポジのポケモンは使いたくない気持ちもあった。
 あと、愛の手持ちでは勝ち筋が作れそうもない、というパターンもあったり。
 で、今回の流れを思いついたのでギャラドスの採用となったわけです。

 ラストのかめはめ波対かめはめ波な図は、
 思いつきはしたけど上手く演出できるか自信が無かった部分。
 いざ動画としていじっている段になってようやく確定した感じです。
 曲に合わせた尺調整の側面もあったり。

・ジム戦後
 伊織って厳しいけど面倒見がいいところがあって、
 ジムリーダーみたいな仕事には向いてると思うんですよ。
 そういう部分がアニマス7話でも素晴らしい形で描かれていたので、
 名台詞を拝借しました。
 原作のセリフを拝借するのは本当は良くないのかな?とも思うのですが、
 二次創作としては原作の感動を上手く引用してくることが大事。
 第一話からしてそういう脚本を作っていますが
 今のところそれでお叱りをいただいたりもしていませんし、
 今後とも機会があればなるべく原作再現をする、
 というスタンスで行こうと思ってます。

 まぁ、その割には愛ちゃん周りについては
 独自解釈をそれなりに入れてみたわけですが。
 今回彼女が言語化した舞さんへの想いは、私なりにDS本編を咀嚼した結果です。
 本当は言葉として作中で語られるのはもうちょい後半の予定だったんですが、
 これもまたBGMとの尺調整に苦心した結果増えたシーンです。
 自覚するシーンとしての伏線は今回張っても、
 回収するのは結構後半のはずでした。
 結果としては一話の中でキレイに余韻を残せてよかったのではないかと。

・雪歩からの通信
 「いい最終回だった」とか言われかねないし、
 自分の中でもちょっとやりきった感が出そうだったので、
 ここで燃え尽きないため、セルフ包囲のためにヒキのシーンを用意しました。
 もちろん、視聴者に対してのヒキでもあります。
 今までは愛が各地のジムリーダーを知らない前提で話を進めていましたが、
 そろそろその状態も脱したい。
 次回で全リーダーを集合させ、視聴者にとっても誰がどこのリーダーなのか
 既知の状態にしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/02(金) 23:39:08|
  2. 進捗報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

月並みの感想しか言えませんが
すごく面白かったです
特にバトルシーンは終始鳥肌が立ちっぱなしでした
今後も楽しみにしています
がんばってください
  1. 2012/04/08(日) 01:45:59 |
  2. URL |
  3. kkk #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>kkkさん
あや、コメント頂いてるの今気づきましたw
それくらい放置気味のブログですみません……。

そう言っていただけると励みになります。今後も更新間隔は散漫になるだろうと思われますが、とにかく粘り強くやっていこうと思っていますので、気長にお付き合いいただければと思います。
末永くよろしくお願いします。
  1. 2012/08/06(月) 21:47:34 |
  2. URL |
  3. かくばるP #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://angularp.blog11.fc2.com/tb.php/25-5c27756b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。